5階レストランフロア一部改装のお知らせ
中国料理 香桃が開業以来初のフルリニューアルへ

中国料理 香桃改装イメージ

この度、ザ・リッツ・カールトン大阪は、5階レストランフロアの一部改装工事のため、中国料理 香桃、フランス料理 ラ・ベ、ザ・バーの営業を下記の期間一時クローズいたします。いずれもリニューアルオープンは2019年3月1日(金)を予定しています。

中国料理 香桃2019年1月11日(金)~2月28日(木)
フランス料理 ラ・ベ2019年2月16日(土)~2月28日(木)
ザ・バー2019年2月16日(土)~2月28日(木)

  • 日本料理 花筐(5F)は通常通り営業しています。

中国料理 香桃が「現代の桃源郷」に

中国料理 香桃は、伝統的な広東料理にモダンなエッセンスを加えた独創的な料理を、評茶員の厳選したバラエティー豊かな中国茶とともにご提供しています。
香桃のフルリニューアルは、1997年のホテルの開業以来初めてとなります。改装後は、香桃の名前の由来である「桃源郷」のイメージをインテリアに取り入れます。ダイニングには桃の木を表現したアート、天井や照明には桃色を配し、まるで満開の桃の花に包まれたかのような空間に。中国では、桃の木に人々が集い宴を催した詩が多く残されています。桃の木の周りで楽しく食事をするというデザインコンセプトのもと、現代的で洗練された「桃源郷」を表現します。
さらに、新たにテラス席を屋外庭園に設け、ヤマモモをはじめとした木々やガーデンを眺めながら、中国式のアフタヌーンティーをお楽しみいただけます。

フランス料理 ラ・ベ改装イメージ

フランス料理 ラ・べは赤がアクセント

ホテルのメインダイニングであり、ミシュラン一つ星を誇るフランス料理 ラ・ベは、家具を一新し、赤をアクセントカラーにした一層華やかなダイニングスペースとなります。


ザ・バー改装イメージ

ザ・バーは18世紀英国の雰囲気を強調

18世紀の英国貴族の趣向を垣間見ることができるザ・バーは、椅子など家具の一部を一新し、英国のナショナルカラーのひとつである緑をアクセントに配し、紳士淑女のための一層落ち着きと気品のある空間に。

コリドーの絨毯もリニューアル

5階レストラン&バーを繋ぐコリドー(通路)の、現在の赤色の絨毯は改装後、リッツ・カールトンブランドの象徴でもあるブルー・ゴブレットをイメージした深みのある上品な青色へ。都会の喧騒からとき放たれた、ザ・リッツ・カールトン大阪の現代における「貴族の邸宅」がお客様をお出迎えします。

 

  • 写真はイメージです。

 

Chinese Dining Promotion